トップページへ戻る > ひまわり証券

ひまわり証券

ひまわりCFDの特徴はCFD取引で最大のメリットである銘柄数が5000種類以上と多いことが挙げられます。これは投資家にとっては魅力的なもので取引の機会が増えることに繋がるので利点になります。

もちろん、通常の株取引のように株主優待は受けることができませんが、純粋な株価の推移の差額を考えている投資家には関係のないことでしょう。

取引手数料はもちろん無料で、最大レバレッジは20倍。取引できるものの種類は、株式CFD、指数CFD、限月CFDの三種類があります。

この内訳は、東京証券取引所上場銘柄、米国・欧州(英国やドイツなど)の外国株、海外ETF、海外の主要株価指数になり全て手数料無料で取引が可能です。

・取引銘柄:株式CFD、指数CFD、限月CFDの合計5000種類以上。

・証拠金:ネット持高の10%~100%(初回預託金は10万円以上)

・取引時間:各市場により違います。

・決済期限:各取引所が定める日時が最終決済日(満期日)になります。

・金利:株式CFDでしか発生しません。

・配当金:買いポジションのときに配当相当額が受け取ることができます。

>>>ひまわり証券【ひまわりCFD】

CFD初心者ガイド エントリー

今から始めるなら要注目!CFD取引の人気口座

1位 ひまわりCFD
ひまわりCFD
ひまわりCFDは取引銘柄が5000種類以上と多いことが挙げられます。これは取引の機会が増えるので大きな利点になります。
無料の口座開設はコチラ
2位 SVC證券CFD口座
SVC證券CFD口座
SVC證券は 取扱銘柄も4000銘柄を超えているので、現行のCFD業者としては最も多くの銘柄を扱う業者の一つとなっています。
無料の口座開設はコチラ
3位 CMC Markets Japan
CMC Markets Japan
CMC Markets Japanは取引CFD銘柄が、3400銘柄以上、取り扱う種類は、現物株、株価指数、業種別指数、債券、VIX指数、コモディティと数多くあります。
無料の口座開設はコチラ
Copyright © 2009 CFD取引の初心者ガイド. All rights reserved